アサヒ衛陶株式会社

会社情報

ご挨拶

 アサヒ衛陶株式会社の創業は、約300年前 江戸時代の享保年間(1716年〜1736年)
大坂住吉の地で「いぶし瓦」の製造を始めたことを起源としております。
(屋根瓦の製造は、宮瓦(全国の神社仏閣に納入)も手掛けており、1800年の歴史を誇る
「住吉大社」への宮瓦の用達を行っておりました。)

19世紀に当社の前身(摂州瓦屋庄兵衛)で製造されていた鬼瓦

 爾来、窯業一筋に時代を重ね、大正期(1912年〜1926年)には便器・煉瓦・土管などの製造を開始、昭和初期には「青磁の便器」の製造を行い、1935年には衛生陶器の工場を創設し本格的な製造を開始しました。

当時の社名「丹司窯業所」の工場と1924年に得意先に配布されたカレンダー

 1950年には「丹司製陶株式会社」名称で会社組織となりました。1964年に現在の「アサヒ衛陶株式会社」へ社名変更、1967年には大阪証券取引所第2部に上場を果たしました。

 その後、時代の変遷とともに、衛生陶器の国内工場(大阪府)を2009年に閉鎖し、主力の衛生陶器・給水栓などの資材を中国・韓国・タイ・ベトナムなど多くのアジア諸国からの調達に切り替える事により、よりリーズナブルで品質の優れた商材をお客様にお届けする体制を構築いたしました。

 併せて、2011年にはベトナムホーチミン市に海外販売子会社である「VINA ASAHI社」を設立、ベトナムを中心にアジア各国への販売ネットワークの構築に着手しました。

 2019年8月には、新しい「中期経営計画」を策定し、過当競争の著しい国内不採算ビジネスからの撤退と大幅なリストラを敢行し、安定した収益確保の出来るビジネスへの集約を図るとともに、海外子会社であるVINA ASAHIを中心に大きな成長が期待できるアジアを中心とする海外ビジネスに会社の成長と収益の柱とすべく、大きな時代の変化に対応 する為の事業活動を行っております。